新規事業・創業サポート

新規事業・創業サポート

起業して個人事業主または法人として事業を始めるときには、その事業内容によっては、許認可と呼ばれる手続きが必要なものがたくさんあります。

また、「一つ許可を取ったから安心!」ということは少なく、業態に合わせて複数の許可や届出が必要な場合が多々あります。

コンプライアンスが厳しい昨今、適正・適法に事業をおこなうためには、多くの許可認可・届出・登録が必要となります。

以下の許認可は当事務所が実際に扱った許認可の一例です。

・薬局開設許可  ・毒物劇物販売業登録  ・再生医療製品販売業許可

・医薬品販売業許可  ・高度管理医療機器等販売業貸与業許可  ・医療機器修理業許可

・飲食店営業許可  ・産業廃棄物処理業許可(収集運搬・中間処理・最終処分)

・建築物環境衛生事業登録(1号~8号。いわゆる清掃業者登録)  ・第一種動物取扱業登録

・美容所(美容室)、理容所(理容室)開設届  ・深夜酒類提供飲食店営業開始届(バー・居酒屋)

・風俗営業許可(1号営業:スナック等の接待飲食店、5号営業:ダーツバー・ゲームセンター)

・警備業許可  ・古物営業許可(リサイクルショップ)  ・建設業許可  ・宅建業免許

・建築士事務所登録  ・登録電気工事業  ・解体工事業登録  ・測量業登録

・酒類販売免許  ・無人航空機許可、承認(ドローン・ラジコン)

 

例1:居酒屋を営業するとき(深夜3時まで営業する場合。)

  1. 飲食店営業許可(保健所)
  2. 深夜酒類提供飲食店営業開始届(警察署)

 

 

例2:コンビニエンスストア等を営業するとき

(業態に合わせて、さらに許認可が必要となる場合もあります。)

  1. 食品営業許可(保健所)
  2. たばこ小売販売業許可(沖縄総合事務局)
  3. 一般酒類小売業免許(税務署)

 

 

例3:ドラッグストアを営業するとき

(業態に合わせて、さらに許認可が必要となる場合もあります。)

  1. 薬局開設許可または店舗販売業許可
  2. 高度管理医療機器等販売業貸与業許可
  3. 毒物劇物販売業登録

行政書士オフィスウエハラでは会社設立・許認可の総合事務所として、様々なビジネスのスタートをお手伝い致します。

起業や会社設立をお考えの方は、始めようとしている事業に許認可や届出が必要かどうか、必要な場合の手続きなどについて、当事務所にご相談ください。

 

 

 

 

お問い合わせ

どんな些細な事でも結構です。
ご相談の結果、ご依頼いただなくても構いませんので、まずはお気軽にお電話でご相談ください!

行政書士オフィスウエハラ
受付時間:9:00〜17:00(平日)
098-860-6125

投稿日:

Copyright© 行政書士オフィスウエハラ , 2019 AllRights Reserved.